【サロンワーク】ストレスを感じてる方が、不調が起きやすい原因

 
■オンラインアロマレッスン無料説明会を始めました!
オンラインアロマレッスン無料説明会はこちら。                  

 

■オンラインショップを始めました!
オンラインショップはこちら
 
 

あなたらしさを応援するアロマサロンivy-roomの山口良子です。

 

 

 今や、ストレスを感じる事がないと言われている時代。

当サロンでも、

アロマの香りからも癒されたいと

リラクゼーション目的で見えられる方も

多いです。

香りは、本能を刺激し扁桃核の快、不快を司どっています。

心地よい香りに

優しいハンドによるタッチングケア

想像しただけでも、ゆるゆる心も体も

ほどけてしまいそうです。

 

 
さて、ストレスには
副腎にも大きく影響を与えます。
 
副腎は、腎臓の上端に位置する内分泌腺の働きをしています。どちらかといえば、背面、腰の辺り。
 
構造は、
中央部、髄質
周辺部、皮質
と区別され両者は発生的にも機能的にも全く異質です。
 
ストレスを感じると、身体はショック期に陥り、血圧低下、体温下降がおきます。これが引き金になり、
交感神経系を通じて副腎髄質のアドレナリンが分泌、ついで視床下部-下垂体を介して副腎皮質刺激ホルモンが分泌、副腎皮質から糖質コルチコイドの分泌の増加。
 
の一連から
 
血糖値や体温を上げ、ストレスに対する抵抗力を維持しようとしています。
その際は、ビタミンCも消費されるのでストレスを感じや強い方は補給が必要です。
 
私達の体って、
 
そんな簡単には壊れないように
私たちがコントロールできないところで
休むことなく、体は頑張ってくれています。
 
ただ、この現象が長く続くと
疲弊してしまい、
不調がおき、最悪な事態を招くことにも。
 
また、
 
私たちの体って
 
マルチタスクには機能しない生き物なのです。
 
 
先ほど、
 
下垂体から副腎皮質刺激ホルモンの分泌促進が行われる
 
と、書きましたが、
 
厳密にいうと「下垂体の前葉」ってとこから
分泌されています。
 
この下垂体前葉は、他にも
 
●成長ホルモン
●プロラクチン
●甲状腺ホルモン
●卵胞刺激ホルモン
●黄体形成ホルモン
 
なども、分泌されています。
 
とくに、女性系の働きに関与していますよね。
ダイエットにも関係しています。
 
この状況で、
 
先ほどもいいましたように、
 
人間の体は「マルチタスクには動けない」
 
ことから、
 
ストレスが長く続くと、副腎皮質刺激ホルモンが分泌され続く状態になり、他のホルモンの分泌は抑制されてしまいます。
 
そうなると、
 
普段からの症状で
冷え
むくみ
肩こり
疲れやすい
 
と感じやすく
 
月経痛
PMS
生理不順
不妊
などの症状に陥りやすくなります。
 
なので、
 
たかがストレス
されどストレス。
 
やはり、ストレスを放っておくのはよろしくないですね。
 
 

 
アロマトリートメントでは、お背中のトリートメントのとき、副腎のある腰回りを先ずは手を当てて、暖めてみます。
そして、頑張って働いていることに感謝と優しく鎮静。
ゆっくりお休みいただいて
 
から~の
 
エフルラージュから入ります。
 
今日もゆっくり体を休めて
ご自身の体の声を聞いてあげてくださいね。
 
今日も素敵な1日を。
 
 
 
 
アロマサロン 「ivy-room」
     【お問い合わせ】  
        info@ivyroom2019.com
     【ホームページはこちら】
        http://ivyroom2019.com

各種お問合せ・お申込み

お問い合わせこちらまでお願い致します。

お名前・お問い合わせ内容・メールアドレス・お電話番号をご明記ください。