【母の手当て】昔サッカーで痛めた膝のケアにクレイパックとアロマケア

 
■オンラインアロマレッスン無料説明会を始めました!
オンラインアロマレッスン無料説明会はこちら。                  

 

■オンラインショップを始めました!
オンラインショップはこちら
 
 

あなたらしさを応援する 西宮市にある

おうちアロマサロンivy-roomの山口良子です。

サロン暦 10年目になります。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、午前中は
 
ナードアロマアドバイザー試験でした。
 
 

 
凄い‼️
 
高得点です。 本当、惜しかったんですよね。
 
試験は、普段のアロマライフの延長線にしか
過ぎない。
 
普段から、学びながら実践されていた賜物でも
あります。
 
これからは、益々職場でのご活躍が楽しみです。
 
お疲れさまでした。
 
 
午後からは、
 
来週のオリジナルレッスンやら、
ナードベーシック講座の準備の中、
 
休校になった息子が
昨日から
 
右膝の痛みを訴えてきました。
 
どうやら、
体育の時間で
 
反復横跳びをして、昔サッカーで痛めた
 
「オスグッド」
 
辺りが、久々に使った膝がどうも炎症したようです。
 
特に熱はないのですが、先ずは患部を冷やして
様子見。
 
元々、歩くくらいは問題はないようなので、
ホームケアで対処してみました。
 
先ずは、クレイパック。
 
 

 
今回は、
グリーンイライト 10g
イエローイライト 40g
 
ペパーミントウォーター溶いて患部をパック。
 
 

 
ちょっとピンボケ。
 
しっかり厚めにパックします。
 
お洋服をよごなさいように、
 
ガーゼで保護。
 
 

 
約20分おきます。
 
クレイを剥がした時から、
 
「なんか、痛みが違う❗痛くないかも‼️」
 
と、感動している息子。
 
クレイなかなか良い仕事してくれます。
特に、イエローイライトは
骨のトラブルにも作用が期待されるし、
慢性的な痛みにも働いてくれます。
 
なので、
イエローは、スポーツ男子がいる我が家では
常備品。
 
また、アロマテラピーでは
炎症が起こる過程からみていきます。
 
 
体内の細胞たちが、外部からの衝撃を受けた時、様々な炎症メッセージを受け取っているのですが、
その受けとりを遮断することで、炎症が抑制されます。
 
その遮断に役立てられる精油もいくつかあり、
 
今回はその一つ
 
「ジンジャー」
 
に期待して、
 
炎症緩和オイル
 
を作ってみました。
 

 

 

 

の会報誌で
紹介していただいてるレシピも参考になります。
 

 
 
ホホバオイル
アルニカオイル
 
クローブ
ペパーミント
バジル
ジンジャー
 
**********************************
ジンジャー
学名:Zingiber officinalis
科目:ショウガ科
蒸留部位:根茎
 
●芳香成分類
セスキテルペン炭化水素類(-)
鎮静作用
抗炎症作用
 
◎芳香分子
ジンギベレン
催淫作用
消化促進作用
 
β-セスキフェランドレン
抗カタル作用
 
●芳香成分類
モノテルペン炭化水素類
鬱滞除去作用 
抗炎症作用
コーチゾン様作用
抗ウィルス作用
抗菌作用
 
◎芳香分子
β-フェランドレン
鎮咳作用
 
プロスタグランジン生合成シクロオキシナーゼ(cox
)阻害作用があるので、解熱、抗炎症作用に期待される。
 
**********************************
 
 

 
こちらのオイルでしばらくは
ママドクターです。
 
早く良くなりますよーに❗
 
 
アロマサロン 「ivy-room」
     【お問い合わせ】  
        info@ivyroom2019.com
     【ホームページはこちら】
        http://ivyroom2019.com

 

 

 
 

 

 

 

 

各種お問合せ・お申込み

お問い合わせこちらまでお願い致します。

お名前・お問い合わせ内容・メールアドレス・お電話番号をご明記ください。