アロマ通信(3月号)※生徒さま作成

あなたらしさを応援するアロマサロンivy-roomの山口良子です。

アロマ通信3月号をお届けします。

 

 

 

 

今月は

「ストレスフリー」

からアロマの力もかりて。。。

 

「森の精油」について

森の香り、フィトンチッドといわれる芳香分子は、

マツ科

ヒノキ科

によく含まれる

α-ピネン、β-ピネンという芳香分子(C10H16)

 

主な働きとして、抗菌、去痰、鎮痙攣、コーチゾン様作用があり、感染症対策や免疫力アップ、ストレスケアにも期待されます。

ピネンの含有率を比較。

サイプレス:ヒノキ科:45~70%含有 Cupressus sempervirens

 アカマツ・ヨーロッパ:マツ科:30~80%含有 Pinus sylvestris 

ジュニパー:ヒノキ科:30%~45%含有 Juniperus communis 

フランキンセンス:カンラン科:25~55%含有Boswellia carterii 

また、リンパの鬱滞除去作用にも、期待され

サロンでもよく登場する香りです。

約20種類近くある「森の香り」

是非お試しくださいね。

各種お問合せ・お申込み

お問い合わせこちらまでお願い致します。

お名前・お問い合わせ内容・メールアドレス・お電話番号をご明記ください。