withコロナ時代における植物セラピー

こんにちは。

あなたらしさを応援するアロマサロンivy-roomの山口良子です。

春に予定していた勉強会が延期され、オンライン開催しました。

 

千葉大学大学院
園芸学研究科
環境健康学領域
領域長
岩崎 寛先生 

1.植物の療法的効果に関する研究
2.医療福祉施設の緑化に関する研究
3.緑地福祉一人と植物の関わりに関する研究

を研究テーマとして取り扱われていて
どれも実績と
エビデンスを
用いた

「植物」

「健康」

の関わりについてお話していただきました。

病院緑化や、
高齢者施設などの緑化

については、

概要的なお話でしたが、

植物の「生態」と
患者のかたの「心理状態」を
理解していないと、

/
患者さんにとって
マイナスになる植栽や
医療に特化した
植栽がある
\

とのお話については、
眼から鱗が落ちる
納得の内容でした。

例えば、

生態によっては、果実が、自然に落ちて

収穫するものは、

受け取り方によっては、

ご自身の命を落とす

と、連想されるものもあるようです。

また、枯山水も

日本伝統の技としては素晴らしいものですが、

「枯れる」

とイメージもマイナスになる場合も。

難しいですが、

人間にしろ

植物にしろ

生命の考え方について考えさせられます。

 

そのうち
訪問している福祉施設さまにも
お役にたてれるようなものとして
今回のお話をきっかけに
形にしていきたいなと
思いました。

一緒に考えてくださる方

大歓迎です💓

 

各種お問合せ・お申込み

お問い合わせこちらまでお願い致します。

お名前・お問い合わせ内容・メールアドレス・お電話番号をご明記ください。