知らず知らずの間で行っている「アロマで風邪・ウィルス対策法」

こんにちは。

あなたらしさを応援するアロマサロンivy-roomの山口良子です。

寒くなってきました。

季節の変わり目であったり、

急激な冷え込みであったりと

体調を崩しやすくなっていらっしゃる方も

多く見られます。

これからの季節は、より風邪、ウィルス感染症が気になる季節。

家庭のアロマテラピーで出来る

「風邪、ウィルス感染対策」についてご紹介いたします。

まずおすすめの精油は、

細菌、ウィルスに対するアプローチには、抗ウィルス作用、抗菌作用、

ヒト免疫系に対するアプローチには、免疫調整作用、免疫刺激作用、副交感神経強壮作用

症状、不快症状などの緩和のためのアプローチには、鎮咳作用、鎮痛作用、抗炎症作用、去痰作用、抗カタル作用、粘膜溶解作用

などから見てくると

芳香成分からは

モノテルペンアルコール類、酸化物類などをメインに見ながら

芳香分子として

1.8シネオール、δ-3-カレン、テルピネン-4-オール、ボルネオール、βーフェランドレン

などが考えられます。

の中から、

ティートゥリー、ラヴィンツァラ、ユーカリ・ラディアタ、ペパーミント、ホーウッド、サイプレス

マジョラム、ブラックスプルース、アカマツ・ヨーロッパなど

挙げられますが、

 

使いやすいというと、

ティートゥリー、ラヴィンツァラ、ユーカリ・ラディアタ辺りは、

抗菌・抗ウィルス、免疫系、症状緩和に使いやすいですね。

 

使い方としては、

〇芳香浴(ディフィザー、アロマポットなどに垂らして)

〇マスクスプレー(←これは良く使います。)

〇うがい(ティートゥリーハーブウォーターを用いて)

〇手洗い(アロマハンドソープ)

〇入浴(アロマバスオイル)

〇セルフマッサージ用オイル(足裏、お腹用)

〇アロマカプセル(オレガノカプセルを服用・免疫を整えておくときは特に重点的に)

など

特に風邪予防というわけではなく、普段から取り入れていることなので

特別なことでもないのですが、

逆を言うと、アロマテラピーをこうして日常生活の中で取り入れておくと、知らず知らずに

風邪・感染対策を行っていることになるんですよね。

 

ただ、アロマがあれば全て安心!

 

ということではなく、

普段からの生活リズムを工夫しておくことも大事。

 

〇乾燥に対する保湿や水分補給をこまめに行う。

〇手洗い、うがい

〇腸内環境を整える。

〇睡眠をとる。

〇冷やさないように温かくして過ごす。

〇バスタイムで身体を温める。

〇ストレッチや適度な運動。

など心がけるようにすると良いですね。

精油はその補助としても私たちの健康に役立ってくれます。

植物由来の優しいケアと

自分自身の自覚へのお手伝いにと

アロマサロン「ivy-room」でもお手伝いさせていただきます。

 

ケアサロンとして、オールハンドによるアロマトリートメントを主体としたメニューはこちら。

精油の知識として、NARDアロマテラピー協会、オリジナルレッスンを取り入れたメニューはこちら

 

を取りそろえております。

 

 

各種お問合せ・お申込み

お問い合わせこちらまでお願い致します。

お名前・お問い合わせ内容・メールアドレス・お電話番号をご明記ください。